B型肝炎ってどんなもの?

肝臓が悪いと肝脂肪から肝炎になってそのうち肝硬変、そして最終的に肝臓がんになる事もあると聞きます。
この場合、生活習慣や食生活などが大きく係るものですが、生活習慣とは関係なく、ウイルスによって肝炎を引き起こすことがあります。
C型肝炎やB型肝炎がウイルス性のものです。

C型肝炎はHCVと呼ばれるC型肝炎ウイルスの感染によっておこる病気です。
B型肝炎はHBVというB型肝炎ウイルスの感染によっておこる病気です。
いずれもウイルスによるものですが、B型肝炎とはどういった病気なのでしょうか。
B型肝炎の場合、急性肝炎として起こる事が多く、人によっては数ヶ月で改善する事もあります。
しかし中には予後があまり良くなくそのまま慢性化し、肝硬変、肝臓がんなどに移行する危険性のある病気です。
国内での感染もありますが、アジア、アフリカなどへ旅行に行った際感染し発症するという事も多いです。

B型肝炎の感染はここ数根、性行為による感染が非常に多くなっており、性行為以外の感染もありますが、特に不特定多数の方と性行為をする人ほど、感染リスクが高くなるといわれている病気です。
日本国内には約130万人の感染者がいるといわれています。
感染していてもわかっていない人もいるので、やはり不特定多数の方と性行為をするという事は非常に危険です。

女性は妊娠すると、母子感染を防止するということで妊婦健診時に血液によって検査が行われるようになっており、母子感染は非常に少なくなっています。
当サイトはB型肝炎に関しての知識を深め、感染しない、また感染した場合何が必要となるのかお知らせするサイトです。
知識を持っていただくことで無用な感染を予防することにつながっていくことを願っております。

Copyright © 2014 B型肝炎を知ろう All Rights Reserved.